ねむたい備忘録

IT系ではたらくOLが気づいたらオタク。

℃-uteよ永遠に

2017年6月12日(月) さいたまスーパーアリーナ
℃-ute ラストコンサート in さいたまスーパーアリーナ ~Thank you team℃-ute

 

今更ながら℃-uteのラスコンを見ました。
遅くなりましたが、終わっちゃったんだなと改めて実感しました。
レポ書かずにはいられなかったので、記事にします。


まずはセトリに対してつらつらと。
01. The Curtain Rises
02. Kiss me 愛してる
03. The Middle Management~女性中間管理職~
04. 都会っ子 純情
ハロプロNo.1のパフォーマンスと言われているだけあって、やはり幕開けからかっこいい。
℃-uteってとにかく「最強」って言葉が似あうな~と思いました。
都会っ子純情のまいまいみ~~~!!!


05. わっきゃない(Z)
06. 桃色スパークリング
07. 大きな愛でもてなして
08. 心の叫びを歌にしてみた
打って変わって、 The アイドルソング。
ハロプロのいいところは、様々な楽曲があるおかげで
ハロメンのいろいろな側面が見れるところが最大のポイントですね!
ロッコ演出も、大きな会場ならではですね~最高じゃ。


09. 桜チラリ
10. キャンパスライフ~生まれてきてよかった~
11. 君は自転車 私は電車で帰宅
12. Summer Wind
君チャリが聞けて一気にテンション上がりました!
ちなみに、Summer Windは出たばっかの頃、そこまで好きではなかったけど
今回聞いたときはなんかすっごいハマりそうになった。
みんなの表情がよかったからかな。大人やな~。


13. EVERYDAY YEAH!片想い
14. 私立共学
15. 僕らの輝き
16. SHOCK!
17. まっさらブルージーンズ
メンバーひとりずつの思い出の曲コーナー。
曲もいいけど衣装がよかった!!
カラー衣装がかわいいってなかなかないのでよかったです。
個人的になっきぃが可愛すぎて語彙力を失いました。(オタク)


18. 人生はSTEP!
19. 夢幻クライマックス
20. Crazy 完全な大人
21. FOREVER LOVE
22. 涙の色
また衣装の話になっちゃうけど、この時の黒地に金の刺繍衣装が最&高でした。
人生はSTEP!も夢幻クライマックスにもぴったりだし、曲も好きで
あああああってなりました。(語彙力を失ったオタク)


23. アダムとイブのジレンマ
24. 悲しきヘブン
25. 嵐を起こすんだ Exciting Fight!
26. 情熱エクスタシー
最強タイム突入。悲しきヘブンが来た瞬間テンションぶち上がりました。
岡井ちゃんは本当に努力の賜物だなあ。歌うまいし岡井ワールド全開でしたね。
情熱エクスタシーって、こんなに盛り上がる曲だったのか・・・!
ひとりでクラップクラップしてました。


27. 超WONDERFUL!
28. Danceでバコーン!
29. 世界一HAPPYな女の子
30. アイアンハート
31. ファイナルスコール
℃-uteで最初に好きになった曲はダンバコだったので、
ちょっと涙ぐんでしまいました。。。
ファイナルスコールもすごい好きな曲だったので、
この辺でもう胸アツでした。

32. Singing~あの頃のように~
33. SHINES(ゴンドラで移動・サインボール投げ)
34. To Tomorrow(ハロプロメンバー登場)
あ~~~~~~~もう泣いてました。
やはり最後は白衣装。こんなきれいなドレス着て
本当に解散しちゃうんだな~~と思ったらまた涙が。

Singingと To Tomorrowはそこまで好きじゃなかったけれど、
ライブで聞いたら一発で惚れました。

35. JUMP
36. たどり着いた女戦士(アカペラVer.)
終わってしまった・・・
一瞬だった・・・
このパフォーマンス、歌声、キラキラした℃-uteのライブは
もう二度と見れないんだよな、って思ったら
涙がぽろぽろでました。


見終わってみて
見終わったときは平気だったのに、そのあと布団に入って
いざ寝ようとしたときになぜかダメでしたww

ああ、終わってしまったんだなあ。もう℃-uteのライブは見れないんだよなあ。
アイドルの節目って、どうしてこんなに胸が苦しくなるんだろう。
ああ・・・なっきぃ・・・(号泣)

私の青春はベリキューにあったといっても過言ではありません。
ここで私の人生も1回終わったような気持ちです。。

実は見終わって3日間くらい体調悪い日々が続いて
メンタルやられると体も死ぬんだなあ~~って感じだったんですよ。

でも、最愛のBerryz工房が活動停止をしたときも感じたのは
やっぱり12年アイドルをやるって本当にすごいってこと。

私たちにはわからないたくさんの努力があって、
実力No.1アイドルと呼ばれるまで走り続けてきてくれたこと。
尊敬とかそんなものを超えて、もはや崇拝レベルでかっこいいです。

立ち直るにはまだまだ時間がかかりそうなんですけど、
これからも活躍に期待しております。